スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

キリンちゃんの一周忌

2013.12.5

キリンが天国に旅立ってちょうど1年が過ぎました。

キリンが亡くなった翌日ももちろん仕事。

飼い主さんと楽しそうにコミュニケーションをとるワンちゃん達を見ていると
「キリンともっと一緒にいたかった」
と心が張り裂けそうでした。

どのくらいこんな気持ちが続くのかな?
こんな気持ちで仕事ができるのかな?
と思っていましたが、不思議なことにそう何日も続くことはありませんでした。

元気な子達と接していると何故か癒されていく自分がいました。

病気の子の治療にも今まで以上に元気になれパワーを注入している自分がいました。

そして、キリンの死は私にたくさんのことを教えてくれました。

ペットを飼っている人は皆、最期を看取る時が来ます。

ペットの死を迎えた時に「家族になってくれてありがとう」と言えるように
一緒に過ごした日々を後悔しないようにサポートすることが私の仕事だと
キリンは教えてくれました。

私の治療のモットーは「ストレスのない動物との生活をサポートすること」

動物と生活することで人も動物も癒される関係になることが理想だと思っています。

日々のケアがストレスにならないようにアドバイスすることが
私の仕事なんだと改めて感じさせられました。

そのことについてはまた追々・・・。


キリンの死後、仕事の忙しさもあり少しずつ寂しさは癒えていきましたが
やはり寂しいものは寂しいです。

半年ほど経った夏頃、急に私の心に変化がありました。

「キリンがいなくて寂しい」
という気持ちから、
「あんなこともあったなぁ~」と
キリンとの楽しい時間を思い出すことで日々の疲れが吹っ飛ぶようになったのです。

不思議です。

オペの前には「キリン、見守っててね」と声をかけると
何故か緊張がほぐれ、すごく心強くなります。

キリンパワー恐るべし!

今までも、これからもずっとキリンに頼っちゃいそうです。

キリンちゃん、ありがとう


1年ぶりのブログアップ。

文字ばかり。。。

またこれからも時間を作ってアップしていきたいと思います。


キリンの命日は休診日だったので
キリンを連れて、キリンが育ったブリーダーさんのお家に遊びに行ってきました。

キリンの遺骨をギュッと抱きしめてくれたブリーダーさん。
思わず涙が出そうでした。
キリン、良かったね。
元気な時に連れてこようと思ってたけど、叶わなくてごめんね。


ブリーダーさんのお家にはキリンの血が流れたキリンそっくりな子がいました。

シャーロット

あれ?写真が横になっちゃった



ソフィも元気にしています。

また少しずつ、キリンが教えてくれたこと、ソフィのこと、Hanaのことアップします。





スポンサーサイト
2013-12-08(Sun)
 

最期の時~

キリンが天国に旅立って3日。

たくさんの方々からお悔やみ、励ましのお言葉を頂きました。

みなさん、どうもありがとうございます。

また、お花を贈って下さった方
お線香をあげにキリンに会いに来てくださった方
心からお礼申し上げます。



12月5日 午後8時5分 13歳3カ月

全く苦しむ様子もなく、私の腕の中で息をひきとりました。

とっても安らかな顔でした。

残念ながらパパは仕事で看取ることができませんでしたが、
きっとパパに心配させないようにとキリンが選んだ時間だったの
だと思います。


あんなにバクバクと一生懸命動いていた心臓が
徐々にではなく、ピタっと止まりました。

それを見た瞬間、

涙が溢れて止まらなかった。


かけがえのない家族を亡くした悲しみの涙。

そして、やっとキリンが楽になれたことへの
安心の涙。

でも、後悔の涙はありません。



キリンちゃん。

天国でゆっくり休んで、

お友達といっぱい走ってね!

パパもママも花もソフィも
決してキリンのこと忘れないからね。





翌日、家族みんなで火葬に行ってました。

キリンが大好きなお日様いっぱいの
とっても暖かい日でした。

029_20121208143133.jpg

季節外れのタンポポが咲いていたよ。


パパのお友達のお寺で供養してもらったあと
アネアカフェでスタッフのみんなとお別れをして
一緒にお家に帰ってきました。

041.jpg

家族みんながどこにいても見えるように
お部屋が一望できるステップフロアが
キリンの場所になりました。

078.jpg


ソフィはだんだんキリンがいないことを実感してきたようで

お散歩にも行きたがらず、外に連れ出しても家の方ばかり
気にします。

いつもキリンと日向ぼっこしていた場所で横になって
なんだか寂しそうです。

086.jpg

ソフィが寂しさで体調を崩さないように
気をつけなきゃね。



これはアネアカフェのロゴになった写真

263.jpg

これからもたくさんの人が、この看板を見て
キリンのことを思い出してくれることでしょう。


キリンちゃん。

本当にたくさんの思い出をありがとう。

幸せをいっぱい運んでくれてありがとう。

IMG_4353.jpg











2012-12-08(Sat)
 

ありがとう

12月5日 午後8時5分

キリンちゃん
虹の橋を渡りました。

お散歩でキリンに声をかけて頂いた方、
ブログを通してキリンちゃんのこと
温かく見守って下さった方、
ありがとうございました。

今日、火葬を済ませた後
アネアカフェに行って
スタッフのみんなとお別れしてきました。


キリンちゃん

本当に本当に沢山の想い出をありがとう。


天国でゆっくり休んでね。


2012-12-06(Thu)
 

神経症状・・・

12/3

昨夜は家族みんなでキリンが一番落ち着けるリビングに
お布団を敷いて一緒に寝ました。

005.jpg


22時頃

水平眼振(眼球が左右に揺れる症状)が現れ
落ち着かない様子。

脱水症状もあるので目は窪み、
瞬膜が突出してきました。

心拍数も高いまま。

キリンの健康な時の心拍数は70~80回/分でしたが、
今は150回/分くらいになっています。

超音波検査は嫌がる為できませんが
聴診からは僧帽弁閉鎖不全と三尖弁閉鎖不全があり
重度のうっ血性心不全状態になっています。

(心臓の弁の異常で血液が正常に全身に送れないため
一生懸命血液を送ろうと心臓が頑張って働いています)

夜通しウロウロ徘徊しながら
時折力んでは粘膜便をしぼり出していました。

003_20121204224203.jpg


歩き疲れるとお布団に入ってきて
添い寝をしてくるのですが
寝ている時も息をしているか気になって気になって。。。

朝の5時過ぎにようやく落ち着いて寝始めました。

定期的にスポイトでぬるま湯や高栄養の飲み物を
飲ませていますが、ほとんど飲み込んでくれず
頑張って飲んでもしばらくすると嘔吐と下痢がはじまります。


昨日は全く部屋から出ることができなかったけど
今日は雨が止んだ後お散歩に行けました

ソフィだけでお散歩が続いていたので
久しぶりに2頭一緒にお散歩

ほんの数分のお散歩だったけど
ちょっと元気を取り戻してくれたようで嬉しかったです♪

皮下補液も頑張りました。

日中は比較的落ち着いていましたが
今また眼振が始まり、横たわったまま。

016.jpg


これからまた長い夜が始まります。

キリン。

明日もお外歩けるといいね。



ソフィはストーブの横から離れません

011_20121204224543.jpg
2012-12-04(Tue)
 

今日のキリン

日に日に体力が落ち、やせ細っていくキリン

心拍数は増大し、安静にしている時にも不整脈がでるように
なってきました。
心臓が限界に近づいてきています。

血液循環が悪く、四肢末端は虚血状態で貧血もあります。

3日ほど前から完全に食欲がなくなり、大好きな鶏肉やサーモンも
全く口をつけなくなりました

どうにか一口食べても、その後一晩中下痢や嘔吐を繰り返します。

もともと頑固な性格のキリン。
嫌なことは意地でも妥協しません。

レントゲンや超音波を撮ろうと思っても保定の段階で大暴れ。

若い時はお利口にされるがままだったのに
今は我慢より不安の方が大きくなり、パニック状態になってしまいます。

無理に抑えつけると、心臓がパンクしそうなくらいバクバクしてしまうので
検査できません。

何も食べなければ衰弱していく一方なので
補液や強制給餌をしたいのですが、それも一苦労。。。

注射なんて何の抵抗もしたことなかったのに
ここ最近は鳴いて暴れて抵抗します。

その度に心臓がパンクしそうです。

なので、何もできません


獣医師なのに自分の犬に何もしてあげられないなんて。。。

飼い主さんには
「頑張ってやってあげて下さい」
って簡単に言ってるけど、
実際 私でも苦労することを飼い主さんがやるって
ホント大変なことだと思う。


今、私ができること

1日2回の投薬(心臓の薬と関節のサプリメント)と
週に1回のホモトキシコロジーの注射、
そしてできる限りの皮下補液。

どれも今のキリンにとっては嫌なこと。

嫌なことをされた後はひたすらウロウロ部屋中を徘徊。

抱っこしてあげようと思っても逃げていきます。


しばらくして落ち着くと、
一緒に添い寝したいとせがんできます。

べったりくっついて安心した顔で寝ているキリンをみると
やっと私も安心できます。



あとどのくらいこの寝顔をみていられるんだろう。

また美味しそうにごはんを食べる姿が見たい。

嬉しくて、ブンブンしっぽを振るキリンを見たい。

キリン、

また家族みんなでお出かけしようよ。

もっともっと、もっともっと一緒にいたいよ。


獣医師として、もっと元気にしてあげる自信があったのに・・・。

日々弱っていくキリンを見ていると
自分の力が無力に感じてくるよ。



でも、決して諦めたわけじゃないからね。

キリンは嫌がるかもしれないけど、
ちょっと体が楽になるはずだからお薬とお注射頑張って。


そして いっぱい、いっぱい添い寝しよう。

それが今のキリンにとって一番の薬だから。



キリンがもう長くは生きられないこと


パパにもはっきり言えなかった。

今日伝えよう。

家族みんなで残りの時間を大切に過ごしたい。


あと1ヵ月。

あと1週間。

もう少し時間をください。


065.jpg


















2012-12-03(Mon)
 
プロフィール

hanamama vet.

Author:hanamama vet.
5歳の娘Hanaとサルーキ&カメと暮らすママ獣医。
2012年6月にアネア動物病院を開院。
体に優しい治療を心がけています。
北欧家具・雑貨が大好きな一家です。

ソフィ サルーキ♀2007.1.17生
Hana 2009.4.24生
ケヅメリクガメ 2014年生まれ(性別不明)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセス
フリーエリア
ペットの手作り食 にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。