スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

キリンちゃんの一周忌

2013.12.5

キリンが天国に旅立ってちょうど1年が過ぎました。

キリンが亡くなった翌日ももちろん仕事。

飼い主さんと楽しそうにコミュニケーションをとるワンちゃん達を見ていると
「キリンともっと一緒にいたかった」
と心が張り裂けそうでした。

どのくらいこんな気持ちが続くのかな?
こんな気持ちで仕事ができるのかな?
と思っていましたが、不思議なことにそう何日も続くことはありませんでした。

元気な子達と接していると何故か癒されていく自分がいました。

病気の子の治療にも今まで以上に元気になれパワーを注入している自分がいました。

そして、キリンの死は私にたくさんのことを教えてくれました。

ペットを飼っている人は皆、最期を看取る時が来ます。

ペットの死を迎えた時に「家族になってくれてありがとう」と言えるように
一緒に過ごした日々を後悔しないようにサポートすることが私の仕事だと
キリンは教えてくれました。

私の治療のモットーは「ストレスのない動物との生活をサポートすること」

動物と生活することで人も動物も癒される関係になることが理想だと思っています。

日々のケアがストレスにならないようにアドバイスすることが
私の仕事なんだと改めて感じさせられました。

そのことについてはまた追々・・・。


キリンの死後、仕事の忙しさもあり少しずつ寂しさは癒えていきましたが
やはり寂しいものは寂しいです。

半年ほど経った夏頃、急に私の心に変化がありました。

「キリンがいなくて寂しい」
という気持ちから、
「あんなこともあったなぁ~」と
キリンとの楽しい時間を思い出すことで日々の疲れが吹っ飛ぶようになったのです。

不思議です。

オペの前には「キリン、見守っててね」と声をかけると
何故か緊張がほぐれ、すごく心強くなります。

キリンパワー恐るべし!

今までも、これからもずっとキリンに頼っちゃいそうです。

キリンちゃん、ありがとう


1年ぶりのブログアップ。

文字ばかり。。。

またこれからも時間を作ってアップしていきたいと思います。


キリンの命日は休診日だったので
キリンを連れて、キリンが育ったブリーダーさんのお家に遊びに行ってきました。

キリンの遺骨をギュッと抱きしめてくれたブリーダーさん。
思わず涙が出そうでした。
キリン、良かったね。
元気な時に連れてこようと思ってたけど、叶わなくてごめんね。


ブリーダーさんのお家にはキリンの血が流れたキリンそっくりな子がいました。

シャーロット

あれ?写真が横になっちゃった



ソフィも元気にしています。

また少しずつ、キリンが教えてくれたこと、ソフィのこと、Hanaのことアップします。





スポンサーサイト
2013-12-08(Sun)
 
プロフィール

hanamama vet.

Author:hanamama vet.
5歳の娘Hanaとサルーキ&カメと暮らすママ獣医。
2012年6月にアネア動物病院を開院。
体に優しい治療を心がけています。
北欧家具・雑貨が大好きな一家です。

ソフィ サルーキ♀2007.1.17生
Hana 2009.4.24生
ケヅメリクガメ 2014年生まれ(性別不明)

カレンダー
12 | 2013/12 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセス
フリーエリア
ペットの手作り食 にほんブログ村 犬ブログ ウィペットへ
にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。